アルルへ・5日目( レビュー1日)

晴天。
informationが空いてなくて、去年と開場の場所が変わっているらしく場所がわからず、わたわたする。
ギリギリに開場入り。
最初の人が私の写真をみてる途中でなにか言い出した。でも、私の英語がまったく通じない!
「さっき英語のできる日本人をみた。連れてきて」
と言われ、レビュー開場を全力疾走。
2Bメンバーに声をかけて助けてもらう。

「あなたは人と違うものをみてる。
発表させる場を探すから連絡先を教えて欲しい。アルル滞在中にみつけたらすぐ連絡する」
訳してくれた言葉を聞いて全く声がでない。
なんだ、この流れ?

時間もなくてカードを渡すだけで精一杯で終わった。
でも、次につながっている…?
わからないけど、そういう風にちゃんとみてくれる人がいる事がすごく嬉しかった。

今年は日本人が多い。確認できただけでレビューを受けている日本人は14人。
それだけで1つのコミュニティが出来上がる。
誰かが写真を広げる。するとみんな集まる。
1日中、写真の話。
レビュー受けても、仲間と話しても写真以外は全く話にならない。
楽しい。
全員が全員、ゴールは違うだろうけど写真を持って戦っている。





f0157611_23165664.jpg

ホテルの朝食。
アルルの陽射しの強さがわかる1枚。

f0157611_23173591.jpg

informationを探して迷い込んだ写真展会場。

informationが見つからずわたわた…なんて状態ではなかった。
会場を発見したのがレビュー15分前。
しかも、作品を持っていなかった…。
猛ダッシュ。

慌しすぎてここらへんから記録写真が途絶える。
ジャネットさんに逢った後、Tさん・Iさん・Oさんと4人でお昼。
半パニック状態の私に「落ち着けー」と声をかけてくれた。
ありがたい。

f0157611_23351359.jpg

[PR]
by miyuki-jun | 2008-07-09 07:48 | アルルへ!