写真の地図を作る。

某ハンバーガーショップにていつものメンバーと
「写真家の分布図が出来ると面白いよね」と言う話しになる。
早速、ノートの切れ端にペンでああでもない・こうでもないと
分ける項目を4分割にして基準を決めて書き込み始めてみた。

結構な人数の写真家の名前が挙がり(日本のみ)
「写真家検定があったらかなり高得点が取れるんじゃない?」なんて
言い合いながら書いた地図作りは白熱して面白かった。
で、ついでに自分の写真がどこに位置するのかも書き足してみた。

もちろんその場にいたメンバーの主観なんだけど、
「理策さんがここに入るなら畠山さんはここでしょ」
「北井さんがここなら師匠は今、この下あたり?」
「アラーキーがここなら大道もこっちに入るでしょ?」などなど。
1人じゃなくてみんなで考えるから、なかなか新鮮。楽しい。

出来た地図(分布図)をみて驚いた。
私が好きな写真(写真家)と自分の撮る写真の位置が全然違った。
違ったどころか真逆だった。
そして、未開拓・白紙のところが地図上にあった。
今後みたことがない写真が出てくるとしたら
きっとこの未開拓のところから…?
もし、売り込もうとしたらここを作るといいのかしら?
やろうと思って出来るもんじゃないけど…ねぇ。


師匠がここ数年「自分の写真の地図を作っていく」ということを言う。
けれど、自分が地図上のどこにいるかを考えるのもすごく重要なんだなぁと頭の中が整理されてすっきりした。
自分が今、どこに立っているのかうっすらわかった。
一緒にいてくれた友人たちに感謝。
[PR]
by miyuki-jun | 2010-01-24 22:07 | 写真