カテゴリ:写真展( 102 )

凝縮された1つの結晶のようにみえた

f0157611_23044783.jpg
岩城文雄写真展『△ San kaku』
epSITE
〒163-0401 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階
4/13(金)~4/26(木) 10:30-18:00、日曜休館

桜もあっという間に散ってしまい、3月よりも寒さを感じる日も多い。
これから暖かくなると聞くが、暖かいより暑いになってしまうと思うと春は短いなぁーと思ったり。

待ちに待った岩城さんの写真展がやってきた。
フォーマットがバラバラ、フィルムもバラバラなのに違和感のない写真群。
写真の良さはもちろんのこと、そのサイズから空間の使い方に至るまでとてもいい。
エプサイトの壁が黒かったのも今にして正解だったと思う。白壁だったら印象はちょっと違ったかもしれない。
完成度が高いとぎゅっと凝縮された1つの結晶のようにみえた。

自分の語彙力のなさが悔やまれる。
正直、私から何かを説明することは憚られる。
奥様と一定の距離間があり、なにかがみえる。
それを愛とか情とかいう言葉で片づけるには手に余る。
ものすごい強い自制心、写真をみながら立ち現れてくるギリギリのなにか。

もう結構前の話だが、写真集を赤々舎から出すと聞いたときはすごく嬉しかった。
でも、正直こういう形になるとは思ってもみなくて予想を超えてきてびっくりした。
キャプションに『近すぎてどうにかしてしまいそうになった時は、突き放すようにして距離ととった』という文があるが、その次にくる言葉が『もう壊したくはなかった』なのに衝撃を受けた。
セレクトされた写真より、セレクトしなかった大量の写真があって、
被写体という、まさに写真に写される物体にむかうのであれば、もっと脱がせたり、体の一部をフォーカスして生々しい写真を撮れるはず。
物のように扱ったり、近づくだけ近づいたり。ブレさせて動きをだしてみたりと、踏み込もうと思えば踏み込めるだろう。
実際もしかしたらそういった写真も撮っていたのかもしれない。
けれど、セレクトしない。そこではないといっている。
選んだ写真より選ばなかった写真を想像するとき、さらに展示が際立ち、なんかちょっと打ちのめされる。


先週不在時の受付を頼まれ、1日長い時間会場に居させてもらえる幸運な時間をもらった。
1日会場にいて写真をみていたが、一緒にグループ展もやってるその時もこの写真群をみているはずなのに全然違った。
自分が全然写真を読めていないことに気づかされた。
今まで一体どこをみていたんだろう?と思って、最近やや自分がみることから逃げてるなぁと感じた。
誠実なまなざしは時として何も述べなくても周囲を律するもの。
もうちょっと私もがんばらなきゃなぁと。
2B関係の人や写真を撮っている人は、岩城さんの展示をみて結構そんな風に感じる人はいるような気がする。








[PR]
by miyuki-jun | 2018-04-21 00:22 | 写真展

春が来るのを待っている

f0157611_14423812.jpg

鈴木美保写真展 『夢見草』
ギャラリー蒼穹舎
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-3-5 新進ビル3F
2/12(月)~2/25(日) 13:00-19:00

3月の暖かい日を思わせるような光が入ってくる日が増えてきた。
そんな日に蒼穹舎に行って鈴木さんの写真をみよう!と思ったら、新宿から歩いていくのもいいなぁ~と思った。
歩きたいなぁ、そんなことを想起することで春が近くなっていることを感じる。

ご両親のゆかりの地を撮っていると聞くと、行く前から何となくイメージが固まってしまうもので、
なんとなく古臭い、ややものがなしい、ウェットの写真が多いのかなぁ?なんて思っていた。
なんていうか故郷写真(ゆかりの地)ってそんなイメージ、もしくは妙に明るい表情の人がたくさん出てくるような写真群をまず先に思い起こしてしまう。
そんな先入観があるなって自分で思いながら展示会場に足を運び、写真をみるとちょっと違っていたのでほっとした。
うまくいえないが、なにかから解放されているような写真群だった。

写っているものは古い建物や草木が多いけど、不思議と古臭さやもの悲しさは感じない。
ときどき人も映り込んでいるのだけど、溶け込んでいて違和感がない。
見慣れた光景の見慣れた写真だった。
見慣れたっていうのは褒め言葉で、地に足の着いた浮ついた感じのない、奇を衒うことのない目線をもった写真という意味。
これは私も同じような場所に実家を持っているから感じることなのかもしれない。
喜多方だと書かれてあったけど、場所も良いなぁと。山って映えるなぁって。
田んぼの写真が良かった。田んぼの稲が風で揺れているのと、家と、山。
空の面積をギリギリまで削ったところ、雲がくるところに山の連なりが写っている。
山がある県に住んでいる人には、おそらく毎日見慣れた景色なんだと想像できる。

なんか情報量の多い写真が多いのに抜け感があるところ不思議だった。
1枚2枚ぐらい空や畑を平面的に撮ったような写真を入れないと密度が高くて息苦しくなるところだが、そんな構図の写真は入っていないし、割と色や形がキツキツなのに重くならずスッと抜けてる。
距離感があるとは違う。この抜け感なんだろう?珍しい。いいなぁーって感心しきり。
ベタベタしか感じながくて、うまくいえないけど突き抜けてるなって。
いい意味で呪縛から解放されていて、おそらく撮っているのが気持ちがいいんだろうなぁーて思った。


2、3、4月と写真仲間の写真展が続く。
出不精になりがちなので、ちゃんと動いて色々みにいかないと!








[PR]
by miyuki-jun | 2018-02-21 16:11 | 写真展

展示が好きな理由。

f0157611_22474066.jpg

昨日、無事『Last LEGEND』展示が終了しました!
お忙し中お越しいただきありがとうございました。

1週間って本当に短いと感じつつ、始まる前までちょっとハラハラした。
このグループ展、結局集まりに一度も参加できず、正直メンバーの様子もよくわからないままに準備を進めなければならなかった。
しかもメンバーが相当多く、師匠に「人数が多いから思い通りに壁に貼れると思うなよ」といわれていたので、正直者の私(?)は作品は作ったものの半分貼れなくてもいいやと割り切りって搬入に臨んだ。そしたら、ちゃんとした良い壁を頂いて驚くという展開に。
みんなどんなものを出すのかわからないからデカいプリントそうそう作ったりしないし、みんないい大人なので譲り合うもんだよね、と後から考えて2Bって行き届いていてすごいなと、思った。

そんなわけで、写真の展示プランがノープランだったため改めて思い知らされたことがあった。
私、壁に飾る写真をああでもない、こうでもないと思考している時間が一番好きだわって。この時、この瞬間のために写真作ってるっていっても過言ではないかもって。
人によっては、もうきっちきちに写真の並びや余白、高さを決める人もいる。個展の場合は何分の1の縮尺の模型を作る人もいる。
私も考えないわけではない。プリントの大きさには限界があるし、額に入れるなら大きさもおのずと決まってくる。おおよその高さや広さもある程度はわかるから、そんなに突拍子なことにはならないことも予想がついている。何度も壁を想像して考える。今回は壁の大きさがはっきりしなかったから、最悪は縦1列だけの展示も考えていた。
でも、いざ本番をむかえると、自分の頭の中にある壁に対して飾る写真の感じと現実の壁を目の前にして飾る写真の感じが一致しない。
ライトの具合か?隣との兼ね合いか?はたまた空気感か?それは今までやってきた展示にも必ずあった。
その誤差を修正してゆく。この作業が最高に好きだ。
写真の並びをかえ、位置を変え、高さや額と額の間の余白をミリ単位で調整する。今回は途中で、額の間の余白を取らずにピッタリくっつける決断をして組み直した。
そうしていく内に、自分の頭で思考していた以上の並びが生み出され、思考する以上の光景が立ち現れたりする。頭痛くなるまで悩んだりするけれど、本当に思ってもみなかったものがみえてくるときがある。展示が好きで、展示に夢中になるのはこれがあるからだ。
今までで一番破綻のない写真群になったので嬉しかった。
結局、搬入時間ギリギリまでかかっちゃったんだけど、ノープランだったから返って好きだったものがみえた。
そして、そうやって作り上げてきたものを観てもらえるのは、ちょっと恥ずかしいけど本当にありがたいことだ。

展示って楽しいなぁ。
師匠が「来年もやるぞ!」と高らかに宣言するのはわかる気はする。ちょっとずるいけど。
楽しかった1週間が終わり、今はちょっと寂しい。







[PR]
by miyuki-jun | 2017-11-27 23:56 | 写真展

展示のお知らせ

f0157611_23005138.jpg

唐突ですが、今月グループ展に参加します。
(写真はそのDM)


日程は、11/21(火)~11/26(日) 11:00~19:00
場所は、渋谷のギャラリー・ルデコ
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-16-3 にて
「Last」は3階
「Last Legend」は4階と5階(私は5階の予定)

このグループ展は、私が約10年前に参加した写真家・渡辺さとる主宰「ワークショップ2B」の「ワークショップ2B」という名前を使った最後のグループ展になる。
ワークショップ2Bの「2B」とは渡辺氏のスタジオの部屋の名前・2階のB号室のことで、その建物スタービルが取り壊されることになり、ワークショップの名前の由来「2B」がなくなることが決まった。
なので、タイトルが「Last」。
私は別に建物がなくなっても「2B」って使えばいいと思うんだけど、今後師匠はワークショップを開いても「2B」という部屋の名称は使わないのだそうだ。
まぁ、一つの区切りという感じなのかな?

「Last」の方はワークショップ56期の卒業展示、「Last Legend」はワークショップを受講した有志での展示。
余談ですが、みゆきさんが多いなぁ~と自分がみゆきさんなのでDMをみて思ったり。
約3か月のカリキュラムを約12・3年続けて、今や1期~56期までいる大所帯なお教室?なので、最後に集まってわいわいお祭りをやりましょう!という写真展になります。
休みの関係で、私は11/22(水)と25(土)しか在籍できないのですが、せっかくなので枡野浩一氏の短歌トレーナーを着て店番をしようかな?なんて思っています。
壁のサイズも知らないんだけど、展示写真は3年前に旅したモロッコの写真を出します。
(ただいま、絶賛暗室中)

もしお時間ある方はお越しください。






[PR]
by miyuki-jun | 2017-11-04 23:22 | 写真展

書きかけのベトナム旅行

最近あったことのつれづれ。

①3泊5日でベトナムへ旅行に行ってきた。
 昨年12月が過去2番目の忙しさで精神的に「これはまずいかも?」と危険信号。
 繁忙期の3月を乗り越えられない気がして、先に予防線を張るように飛び出す。

②ベトナムご飯は最高に美味しかった。
 安くて美味しいご飯は最高だっ!と思う。

③しかし、ベトナム(ホーチミン)の空気の汚れが酷く食が進まなくなる事態発生。
 鼻をかむと鼻水が黒くなるぐらい汚れている。
 ご飯が食べれないとうのは大げさだけど、空気が悪いと気力が段々落ちてきてお腹が空かなくなる。これは自分の中での発見だった。

④へなちょこ英語を使って苦労して取ったブンタウ行きのチケットを道に迷っている内に落としてしまう。
 ホテルで3時間ぐらいふて寝する。珍しく旅中に凹んだ。

⑤3回目のタクシーのおじちゃんに遠回りされた上、高額請求されたので戦う。
 最後は日本語で怒ってお金半額投げて無理矢理降りた。それ以降タクシーに乗れなくなる。

⑥人生初めてスパ体験したのだが、最終日にやるべきだったと思った。
 気持ちが良くサッパリしても空気が汚いので、そのあと歩き回ったら排気ガスまみれでプラスマイナス0になった。

⑦このままだとちょっと旅行が暗くなりそう!まずい!と思っていたら、最終日にバスの隣に座っていた台湾人の一人旅の女の子と仲良くなる。
 年は恐らく25、6で台湾で看護士をしているとのこと。私でも聞き分けられるぐらい英語が上手。
 愛嬌がある人の懐に入るのが上手くて、言葉が全然通じないのに日本好きで「今、ドラマのカルテットを字幕でみているよ」「松田龍平が好きなの」とタブレットで写真を見せてくれて、盛り上がる。
 私なんかより日本に詳しくない?アニメも好きらしく、別れを惜しんでいる内にご飯を一緒に食べることに。
 日本に一度旅行に行った事があるようで、もし来るなら何か手伝うよ!と約束して連絡先を交換する。

⑧日本に帰ってきたらベトナム料理が恋しくなってしまい、ときどき食べに行くようになる。

⑨GWに「ネモフィラを観に行きたい!」と言い続けていたら
 「こんにちは〜。今ネモフィラを観に日本にきています」とベトナムで仲良くなった子から英語と日本語の混じったメールが届く。
 単語が日本語、接続詞が英語というメールに日本好きが伝わってきて感動する。
 これから足利フラワーパークに藤を観に行くという、日本人より日本に詳しい…若干悔しく、今度は芝桜を観に来て!と返信。

⑩書きかけのブログを読んで、懐かしい!と思ったので追記してあげてみることに。
 この旅のあとカルディに行くと、ますます買い物が楽しくなり何でもチャレンジしたくなるのでちょっと困る。








[PR]
by miyuki-jun | 2017-02-27 23:46 | 写真展

師走の様子

f0157611_22432111.jpg

山登りするとご飯がすっごく美味しくなるのはなぜだろう?
うどんはここのうどん。

師走のようで、なんだか息をつく間もなく慌ただしい。
連休の休みが基本ないので、休みに予定が入って気づくと平気で2、3週間ノンストップで動き回っていることが割と普通にある。
いつもなら全然平気なのだが、なぜかここにきてぜーぜーいっている。

写真仲間の写真展をご紹介。

亀山仁写真展「Thanaka Ⅱ 雨安居」
ギャラリー冬青
12/4(金)~12/26(土)
11:00-19:00(最終日17:00)
休み:月曜・日曜・祝日


丸山杏子、斉藤りつこ、菅沢哲也、山縣勉 グループ写真展
「亀甲と拮抗」
GALLERY niw
12/3(木)~12/13(日)
11:00-20:00(最終日17:00)


亀山さんは2B仲間では初のギャラリー冬青2回目の展示。
1年前ぐらいに思うが、前回の展示から2年というのにびっくりする。
思ったより黒い!と入った瞬間に思ったあたりが既に私が色を先にみている証拠のようで…。
印画紙を前回と代えてもプリントの丁寧さは冴え渡っていた。
パーティーに駆けつけると、ドアの前で躊躇している女性がいたので声をかけて一緒に入る。
ミャンマー語の教室の生徒さんだそうであとでミャンマー語について話しを聞かせてもらった。
チンプンカンプンだったが、亀山さんは写真集を作ったことでもっとミャンマーとの縁が濃くなっているようだ。
こういう縁を大切にしている人、撮るべきものがわかっている人に羨ましいと同時に頭が下がる。


グループ展「亀甲と拮抗」
そういえば、どうしてこのタイトルになったのか尋ねるのを忘れてしまった。
前に一緒にグループ展をした杏子さんを含む2B仲間のグループ展。
パーティーに1回、そしてあんまりゆっくりみれなかったのでもう1回訪問。
2回目ドアを開けて早々菅原さんに写真の解説をしてもらったら約30分弱説明を聞くことに!
けど、説明を聞くのと聞かないのとでは写真の見方が全然異なったので聞けてよかった。
記憶の流れの話しを聞いたらアイ・ウェイウェイをちょっと思い出した。
全員いるときに訪問したので作家さんに色々質問しながら、他の人が質問しているのを横で聞きながら写真をみるのは大切だなぁって改めて思った。
細かいことを聞き出すには、作者さんいないとねー。


今年の始め、みんなの年賀状がバラエティにとんでいるので来年はなんとかしたいみたいなことを書いたが、今年いざ年賀状が届いたら猿の写真が1枚もないことに気づく始末…。
計画性なさ過ぎ。なにか対策を考えなければ…。
[PR]
by miyuki-jun | 2015-12-12 23:36 | 写真展

こんな感じ。

やっと旅行の写真を整理を始めたら出てきた。
偶然にも、あとで読もうと思って写真に撮っていた。
師匠の日記で書いていたのは、これ
f0157611_23431799.jpg

(一応、読めるように加工してあります。データちょっと重くなってます)

この【Eight Japanese photographers】の展示について
個人的に思うところはあるけれど、ここで書くことでもないので割愛。

f0157611_23591978.jpg

公式レビュー会場はこんな感じ。
確かにちょっと人が少ない?感じはしなくもない。
ただし、これは週の後半の会場写真。

f0157611_00512.jpg

公式レビュー会場の近くにある教会の展示。
なんかこういうところに写真飾っちゃうっていうのが、すごいなぁーと毎回感心する。
そして老若男女、小さい子供も写真をみる。

f0157611_021689.jpg

f0157611_01274.jpg

リス通りの一番奥にある引き込み線の写真会場。毎回大型展示をやっている場所。
昨年行った仲間の話しだと今年で契約が切れているそうで、
驚くことに立て替え途中なにの展示しているという、日本では考えられないことをしている。


f0157611_0141797.jpg

昼間が長いのと朝からぐんぐん温度が上昇していくので、途中でへばる。
友人宅にてお昼を頂きながら休憩して、外へ出たり入ったり。
[PR]
by miyuki-jun | 2015-08-01 00:20 | 写真展

無事、終了しました。

f0157611_22505853.jpg

少し時間が経ってしまいましたが、無事グループ展終了しました!
お越し頂いた方、気にして頂いた方、本当にありがとうございました。

よくよく考えると久々の展示だったので、
がーっと集中し、だーっと時間は過ぎ去って行きました。
この1週間のために、他のこともしながらだけど半年前から動いていたので
終わってしまって寂しいやら、ほっとしたやら。

さすがに少し疲れてしまったので、少しゆっくりしつつ…といきたいところなんだけど、
来週からフランスへ行く予定があるので、もうしばらくは走り続けなければならないみたい。
[PR]
by miyuki-jun | 2015-06-27 23:33 | 写真展

5日目

今日は朝からいます。
f0157611_11375139.jpg
f0157611_11373538.jpg

何回か展示はやってきたけれど、
入り口が道路に面していて、しかも入り口が大きいというのが
人の呼び込みにすごく適しているのに驚いた。

ニコンのときの人の入り具合にも驚いたけど、
ニコンはビルの28階で限定されてしまっているから人はカメラ関係にかたよっているし、
普通のひとはふらっとは立ち寄れない。
この深田荘は写真とは全然関係ない人が本当にふらりと現れる。
みてもらわないと始まらないので、この入りやすさ、すごくいい!
自分で自主ギャラリーやるなやこういう場所がいいなぁ〜と思った。
勉強になりました。みつけた縣さんすごい!

でも、残念ながらこのギャラリー7月いっぱいで移転が決まっています。
非常に残念。
天井も高いし写真展示にはもってこい!なのに。

さて、この展示も今日と明日まで。
時間はあっという間ですが幸せをかみしめたいと思います。
[PR]
by miyuki-jun | 2015-06-24 11:55 | 写真展

3日目、4日目

今日と昨日は駆けつけの日。
3日目
f0157611_19473637.jpg

4日目
f0157611_19482276.jpg


花が増えててびっくり。
明日は朝から会場におります。
夜も20時まで開けてます。
[PR]
by miyuki-jun | 2015-06-23 19:50 | 写真展