カテゴリ:私生活( 308 )

嵐の前に

f0157611_22291934.jpg
だいぶ暖かい日が増えてきて、一番厚手のコートを着るのをやめた。
2月に待っていた仕事にちょっと関係ある試験が終わって、無事合格した。
ほっと一息ついて力を抜いたら、3月になる。早すぎだから。

最近の合言葉は「楽しみは先に、確実にしとめる!」である。
一か月以上先だけど、チケット売ってるのをみかけたので『ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道 』のチケットを買った。
死ぬまでにグスタフ・クリムトの『接吻』をみる!を叶えるため、一昨年オーストリアに行ったぐらいにはクリムトが好き。
今回くる作品はあらかた現地でみたが、何回観てもいいもんだ。
(作品の写真は撮って残っているが、ブログにあげるなんて無粋なまねはしない)

同時期に上野でもクリムト展が行われる。
あの時一緒にみた『ユディト 』が来るんだ~と感動をおぼえつつ、東京都美術館と新国立美術館のリストをみていてビビった。
『愛』がくる!じゃないか!と。
好きか嫌いか?は置いておいて、『愛』はものすごい作品なのだ。真っ黒で。
HP上では綺麗に映ってるじゃん!と思われるかもしれないが、本当はものすっごく真っ黒なんだよ、あの作品は。
真っ黒なんだけど、みえるんだよ。そしてみるものを叩き潰す末恐ろしい作品なのだ。
また『愛』がみれると思うと嬉しいやら怖いやら。
 (『ユディト』は東京都美術館、『愛』は新国立美術館)
そして、チケットの絵にもなっている『エミーリエ・フレーゲの肖像』も実際はこんなに彩度高くない。
どんな展示になるのか?やや心配だったりするが、それも楽しみだったりする。


これから長い社歴の中で、おそらく一番のハイライトになるであろう忙しさがやってくる。
完全臨戦態勢なので、その不安やストレスを回避するためにも先の楽しみはちゃんと作っておく。
去年が本当に本当にさんざんだったので、その一端になっているぼんやりした具体性のない希望や期待を抱く自分自身に対して半ギレ気味なのと、その反省の意を込めて行動に移すことを実践したい。
良い年になるといいな~じゃない。良い年にする!のだ。
これと決めたものは、邪魔させない!邪魔したら噛みつくぐらいの勢いで挑む予定。
だから、今年は一時的に短気になっているかも。








by miyuki-jun | 2019-03-04 00:36 | 私生活

毎日受信していた何か

f0157611_23365277.jpg
あっという間に年末。
iroshizukuの孔雀を使い切った。
前半怒涛のように書いていて今年はすぐなくなっちゃうかも?と思っていたら、後半色々なことがあって失速するという展開に。
どうやら1年15㎖という量は妥当のよう。
深海→孔雀ときて来年は深緑を使う予定。


ロシアから帰ってきてしらばらくして、おばあちゃんが亡くなった。
少しずつ近づいてきている気配はしていたのだけれど、周りの人間が考えている以上に早く逝ってしまって。

おばあちゃんが亡くなったときに、なにかがバサーっと切れた。
急にバタバタっと慌ただしくなったので余計なことを考えている暇がなかったってことだと最初は思っていた。
その内戻るさと思っていたが、それから四十九日が過ぎてその感覚が残念ながら戻ってこない。
今も何が?とかどこが?とか書こうとすると長文になるけどその割になにも言い当てていない羅列ばかりになる。
後悔とはちょっと異なるんだけれど、思った以上に傷が深かったんだと思う。
他者を否定したいわけじゃない。そういう意味ではないし、自分を責めるとかそういうことでもない。
ただ、切れたものの中の、例えば煩わしかった事柄や見聞きするニュースやSNS、毎日少しずつ受信していた何かに近づくのは遠慮したい気分。
そう、今はそんな気分なの。

まぁ、気分の問題だから待つしかないかなぁと。
こういう時に誰かに何かを言われる方が神経が逆立つし、
もともと機嫌が悪くてもほっておけば勝手にもとに戻るたちなので、まぁ、待つしかないかなぁと。
ここ10年ぐらいの中で最もヘビーな1年だった。
来年も大波が待っているので気をひきしめて生きたい。










by miyuki-jun | 2018-12-18 00:13 | 私生活

夏休みの作戦会議

f0157611_23315353.jpg
台風のせいで雨が降ってはムシムシした暑さが戻ってきての繰り返し。
もうそろそろ蒸し暑さもおさまってほしいところ。

夏休みの作戦会議。
私の夏休みは、まだきていない。
今年は春ぐらいから「ドラクエ休暇が取りたい」と言い続け、周りに「はぁ?」という顔をされ続けてきた。
本当にドラクエをやる訳ではないのだが、どこにも行かず予定も立てず、とにかくひたすら家に籠ってぼけぇとしたい。
何にもしない休みが欲しいと言い続けてきたが、そうもいっていられなくなってきた。
で、悩んだ末に出した場所を書いて申請書を提出したら「お前、また変なところを…」と社内がちょっとざわつく。
去年おととしと割と大人しめな場所だったためご無沙汰だった「こいつ旅にでたまんま戻ってこないかも?」な顔をされる。
ちょっと珍しいかもしれないけど、美術館の沢山ある一大観光都市だし、別にそんなに驚くようなところじゃないんだけどなぁ~と思いつつ、
大使館行ってビザ必要なんだ!とユーロ圏とは勝手が違う驚きはちょっとある。
モロッコ行くっていっても動じなかった妹から「ちょっとあたり冷たい国だから気をつけた方がいいよ」と助言があったので、下調べは十分にしようと思う。
さてさて、どうなることやら。








by miyuki-jun | 2018-09-04 00:04 | 私生活

夏らしいことするのは楽し(追加版)


f0157611_20342276.jpg


ぼけぇっとしていたら誤って記事を削除してしまった…。
あー。私の夏の思い出が…。
みんなで暑い中並んで食べたかき氷は美味しかった。
抹茶白玉うまかった。また食べに行きたい。



f0157611_20385209.jpg



せっかくなので夏らしいことを追加。
すごい久々に花火大会に行ってきた。
なかなか暑い日だったが、日が沈んだあとはいい風が吹いてきて上がる花火と共に暑さを忘れた。
ちびちびお酒飲みながら大きな花火をみて「すごい!」とか「おー!」と驚くのは楽しい。
今年は絶対花火行くんだ!と春ぐらいから思っていたので念願叶って嬉しい。
人ゴミはすごいし暑いから大変なんだけど、喜んでくれる人が隣にいて驚きを共有できるから耐えられる。
残念ながら花火の細かい形や色、順番なんかはすぐ忘れてしまう。
写真に撮っても動画にしても、目の前の迫力は再現出来ないわけで。
だからこそ行きたくなるんだよなぁーと思う。
一瞬だからよくみようと、近づいてみようとするのかもしれない。







by miyuki-jun | 2018-08-11 20:32 | 私生活

半年の憂鬱。

f0157611_23534025.jpg


寒暖差が激しい6月。
今年も半年が終わろうとしている。日記帳用のノートが半分終わり2冊目に突入。
そして思った以上にハイペースで書いているので、2冊じゃ納まらないかも?
今使っているインク、パイロット色彩雫・孔雀15㎖は間違いなく使い切る。すでにインクが三分の二を切った。
ノート買ったときは製本を勉強して自分で日記帳作りたいなぁとか書いてたけれど、まずいなぁ。そこまで全然手が回らない。

美篶堂のノートはLIFEノートと比べてやや柔らかく、引っかかることはないけれどシュッシュッという書き味はない。
(腰がないっていうの?かな)
細字カリカリが好きな人には、ちょっと物足りないかも?
滲みも少なく、裏写りもしない。トモエリバーの様に紙厚が薄すぎることもないから、厚さ的には満足かな。
ただ、使ってみてわかったが、紙の色が黄色いってインクとの相性があるなぁと。
やっぱり白地がいいなぁ~。
そして、やっぱり1冊に納めたい。

7mm罫線(23行以上)の180ページぐらいある、色彩雫インクでも滲まない、日付の振ってないB6の日記帳はないかなぁと今日もぼやく。
なんでこんなに文具があふれているのに、そして自分が欲しているものもわかっているのに、存在しないんだろうね。







by miyuki-jun | 2018-06-20 00:32 | 私生活

しれっと5月後半。

f0157611_23153232.jpg
最近、やっと何かから抜けた!と思った。
冬から引きずっていた低空飛行状態から、理由はよくわからないが抜けた感があった。
長かった~。気分的には抜けたが、どうした今年?っていう位、今年に入り色んなことが勃発していて、そして今も続いている。
この抜けた!と感じた翌日、なんと!まだ買って1年も経っていないパソコンが突如電源が点かなくなりメーカー修理行きに。
その前にHPのサーバー移行に失敗し、諸々のデータは電源が点かないパソコンの中という…。
当然データの保証はない。作り直しだね、こりゃぁ。

色々起こるので「今年はこんな年なんだ!」と割りきるのに半年かかった感じ。
とにかく、交通事故だけは気をつけて。
嫌なこと数えても沢山でてきてきりがないので、好きなことをみつけて、そのみつける能力を高めていく。





by miyuki-jun | 2018-05-23 23:14 | 私生活

終わりモードに突っ込みを

とうとう師匠が2Bを去る日が決まった。
去年行われ私も参加したG展から薄々は感じ取っていたが、1月の師匠の写真展ぐらいから周りがみんな終わりモードになり始めてきていて非常に違和感を覚えている。
2Bのあるスタービルが潰れようが師匠が2B周辺の街中を撮って写真展を開こうが、2Bの近所に住む私としてはすべて「現在進行形」の風景だからだ。
今年で約13年この街に住んでいる。
その間、駅は改装され大きな病院は移転、大学校舎の建て替え、老舗といわれた店の閉店と新店の介入など様々な変化を一連の流れでみている。
その後なにが出来るか知らないがスタービルの解体は、私的にも大きな事件だが、その流れの中の一部なのだ。
相当お世話になったから切ない気持ちはあるけど、まだまだ現在進行形。
だから、周りに終わりモードちょっと困るんだけどっ!と突っ込みを入れたい。


そんな私も今年家の更新を控えており、色々検討した結果、今の家を更新しないことが決まった。
夏~秋にかけて引っ越しする予定になっており、困るんだけど!といいつつも、
なんとなく他の街に移った方がいいのかな?なんて…ガッツリ影響を受けてしまっている。
この街に越してきたのは2Bとは全く関係がなかったはずなのに。
おいおい、大丈夫かよ?と自分にも突っ込みを入れたい。
こういうことを考え出すと「どうせなら遠くに行きたい!」とか思っちゃったりするから手に負えないんだよね、私。
勤め先が変わってないんだから遠くに行ったら面倒だろう!とさらに突っ込みを繰り返す羽目になる。

それだけ2Bが心の支えになっていたんだよね。
現在進行形などといいつつも、終わりモードに動揺しているのは私なのかもしれない。
by miyuki-jun | 2018-02-08 00:49 | 私生活

1月の終わり

早いもので2018年スタートして1ヶ月が経とうとしている。
早い。毎年いってるけど、1月早すぎるから!
今年1月は近年まれにみるついてない月だったよ、1月。
1月1日から実家でアレルギーっぽい症状が出て大慌て。
未だに湿疹の原因がわかっていないのが気がかりなんだけど、自分の家に戻ってよく寝て病院行ったら治った。相当疲れていたんだと思う。
そんな三が日抜けて、なんとなーく重いスタートになってしまった。
思い込みもあるんだろうけど、ほか、多数ついてないことがあったが書き出すと悲しくなるので省略。
来月から良いことがあるといいなぁ~。
100歩譲って私のことじゃなくてもいい。誰かの幸せを横で聞いて喜びたい。そんな気分。


で、去年(2017年)の目標は…前屈ができるようになることだった。

結果は…できませんでした。
あと5cmくらいのところまではきた。おそらく10cmは間違いなく切った。そんな瞬間はあった。
ただ、その辺りからやりすぎて腰を痛めることが多くなり、弱めたり強めたりの繰り返し。それ以降柔らかくすることは出来なかった。
まぁ、今までの人生で(幼いときは知らないけど)一度も床が手についてないんだから1年でどうにかしようとするのがそもそもの間違いだった。
でも、やり続けるうちに、暗室作業が楽になるという副産物もあったので、長期目標として今年も引き続きストレッチ&ヨガをやっていこうと思う。

で、今年の目標だが…。うーん。思いつかない。
なんかやっと年末年始フィーバーが終わったところで、やっと穏やかな日々が戻ってくるのを喜ぶので精一杯。
まだ頭の中が整理されていなくて何にも思いつかない。
今年の私は、スタートも遅くて決断力もなくて色々まずそうだ。
by miyuki-jun | 2018-01-30 22:03 | 私生活

2018年の始まり

あけましておめでとうございます。
すでに1月も3日が過ぎているという恐ろしい状況。
でも、いいのです。私の年末は3月だからっ!
(強がり…というか、長い。長いよ、私の今年)

例年ここから3ヶ月が精神的にヤバイ月に入ってくるので、とにかく気をつけたい。
毎年のことなので「気をつけたい」だけじゃなく対策を講じていきたい。
ある程度の抵抗を試みたいと思っている今日この頃。

こんな感じですが、
今年もどうぞよろしくお願いします。





by miyuki-jun | 2018-01-03 21:56 | 私生活

短歌Tシャツが届く

f0157611_18083439.jpg

シャツをみてテンションが上がる夜。
ちょっと受け取るのが遅くなったが、昨日無事、短歌Tシャツが届いた。
枡野浩一さんの歌人デビュー20周年を記念して「Tシャツ歌集」出したい!というクラウドファンディングの企画 の歌集の中の1首。
(昔一度書いたこちらの記事、なんと!読み返したら名前を間違えている箇所がありました。あんなにご本人も注意喚起しているのに…。すみません。訂正しました)

猛烈に悩んだ。とにかくこの話を発見したとき「うわー。こうきたか!」と思った。
まだ、例の話で炎上する前だったけれど、正直こういった試みに若干抵抗がありCAMPFIREのアカウントを取らないと参加できないってことで、申込みを決断するのに相当時間を要した。
色々考えた。考えたことをつらつら書いても言い訳がましくなるので書かないが、とにかく話をみた瞬間「この短歌シャツ欲しい!」と思ったのだから、それでいいじゃん!という結論に至った。
仕組みや評判、会社や自分が持っていた抵抗感以上にシャツが欲しかった。欲しい!応援したい!でいいんじゃないか、と。
まぁ、師匠も面白いと感じたことにはのっかっとけとよくいっていたし。

そして、猛烈に悩んだのはここから。全20首の歌の中から歌を選択しなければならない。
まー。もー。すっごい、すっごい迷った迷った(あえて2回書きたい)。
魅力的な歌の数々。本当にお金があったら全部買いたい。
その日の感覚が異なるので、その日一番の歌が微妙に変わってくる。今日はこれでも明日はあれかも?と思う(なんか写真的)。
なんでなんだろう?と思っていたが、何日もサンプルを眺めているとあることに気づいた。
今回57577の文字を5つの段落にわけてデザインされている。
何度も読んでいると歌集を読んでいるときとは異なる、デザインをみる感覚でみていることに気づいた。

『気づくとは
 傷つくことだ
 刺青の
 ごとく言葉を
 胸に刻んで』   『MASUNOTANKA20TH』P.04

歌としての強さや面白さ、自分の歌への入れ込み具合を考えると、この歌はすごく好きだ。
上の歌は横に書かれているが、Tシャツは縦に書かれている。
縦に文字が書かれていると、Tシャツの文字の真ん中の「刺青の」が妙に引っかかる。
真ん中の文字(57577の5の文字)が3文字と短いのがなんか気になる…。
意味わかんねぇ!と思うかもしれないが、何度もみると、デザイン的に57577の5の部分は短くない方が個人的に好ましい。
57577の構造上、最初と真ん中が5文字なのだから短くなって当然なのだが、3文字は短くて白い余白の部分が気になってくる。
まさか、歌そのものの好みの中に文字のビジュアルの好みも影響するなんて…。この企画をやってなかったら自分の傾向には気づかなかった。思ったより見た目重視だったのか…なんて。
この1首は、Tシャツを着たときに「刺青」という言葉がまさに胸の真ん中にきて、胸に刻んで!いることに頼み終わったあと気づく。

毎日にらめっこして最終的に選んだのは上記の写真の1首。
個人的に「あなた」と「あなた」の間に「聞きたくて」が挟まれているのが好き。
デザイン的な目でみたときにの「聞きたくて」の安定感がものすごい。
ネガティブに「さよなら」の言葉から始まるけれど「必要がある」と肯定で言い切って終わる語感もいい。
あと、Tシャツそのものには印刷されないがタグについている短歌の英訳も美しい。

『 To hear
a goodbye
uttered by your voice
I need to
encounter you 』  『MASUNOTANKA20TH』P.09(英訳)

 来週から旅へ出るので、是非とも一度着て歩きたいと思う。













もったいないので
by miyuki-jun | 2017-09-16 22:11 | 私生活