<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

春が来るのを待っている

f0157611_14423812.jpg

鈴木美保写真展 『夢見草』
ギャラリー蒼穹舎
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-3-5 新進ビル3F
2/12(月)~2/25(日) 13:00-19:00

3月の暖かい日を思わせるような光が入ってくる日が増えてきた。
そんな日に蒼穹舎に行って鈴木さんの写真をみよう!と思ったら、新宿から歩いていくのもいいなぁ~と思った。
歩きたいなぁ、そんなことを想起することで春が近くなっていることを感じる。

ご両親のゆかりの地を撮っていると聞くと、行く前から何となくイメージが固まってしまうもので、
なんとなく古臭い、ややものがなしい、ウェットの写真が多いのかなぁ?なんて思っていた。
なんていうか故郷写真(ゆかりの地)ってそんなイメージ、もしくは妙に明るい表情の人がたくさん出てくるような写真群をまず先に思い起こしてしまう。
そんな先入観があるなって自分で思いながら展示会場に足を運び、写真をみるとちょっと違っていたのでほっとした。
うまくいえないが、なにかから解放されているような写真群だった。

写っているものは古い建物や草木が多いけど、不思議と古臭さやもの悲しさは感じない。
ときどき人も映り込んでいるのだけど、溶け込んでいて違和感がない。
見慣れた光景の見慣れた写真だった。
見慣れたっていうのは褒め言葉で、地に足の着いた浮ついた感じのない、奇を衒うことのない目線をもった写真という意味。
これは私も同じような場所に実家を持っているから感じることなのかもしれない。
喜多方だと書かれてあったけど、場所も良いなぁと。山って映えるなぁって。
田んぼの写真が良かった。田んぼの稲が風で揺れているのと、家と、山。
空の面積をギリギリまで削ったところ、雲がくるところに山の連なりが写っている。
山がある県に住んでいる人には、おそらく毎日見慣れた景色なんだと想像できる。

なんか情報量の多い写真が多いのに抜け感があるところ不思議だった。
1枚2枚ぐらい空や畑を平面的に撮ったような写真を入れないと密度が高くて息苦しくなるところだが、そんな構図の写真は入っていないし、割と色や形がキツキツなのに重くならずスッと抜けてる。
距離感があるとは違う。この抜け感なんだろう?珍しい。いいなぁーって感心しきり。
ベタベタしか感じながくて、うまくいえないけど突き抜けてるなって。
いい意味で呪縛から解放されていて、おそらく撮っているのが気持ちがいいんだろうなぁーて思った。


2、3、4月と写真仲間の写真展が続く。
出不精になりがちなので、ちゃんと動いて色々みにいかないと!








[PR]
by miyuki-jun | 2018-02-21 16:11 | 写真展

終わりモードに突っ込みを

とうとう師匠が2Bを去る日が決まった。
去年行われ私も参加したG展から薄々は感じ取っていたが、1月の師匠の写真展ぐらいから周りがみんな終わりモードになり始めてきていて非常に違和感を覚えている。
2Bのあるスタービルが潰れようが師匠が2B周辺の街中を撮って写真展を開こうが、2Bの近所に住む私としてはすべて「現在進行形」の風景だからだ。
今年で約13年この街に住んでいる。
その間、駅は改装され大きな病院は移転、大学校舎の建て替え、老舗といわれた店の閉店と新店の介入など様々な変化を一連の流れでみている。
その後なにが出来るか知らないがスタービルの解体は、私的にも大きな事件だが、その流れの中の一部なのだ。
相当お世話になったから切ない気持ちはあるけど、まだまだ現在進行形。
だから、周りに終わりモードちょっと困るんだけどっ!と突っ込みを入れたい。


そんな私も今年家の更新を控えており、色々検討した結果、今の家を更新しないことが決まった。
夏~秋にかけて引っ越しする予定になっており、困るんだけど!といいつつも、
なんとなく他の街に移った方がいいのかな?なんて…ガッツリ影響を受けてしまっている。
この街に越してきたのは2Bとは全く関係がなかったはずなのに。
おいおい、大丈夫かよ?と自分にも突っ込みを入れたい。
こういうことを考え出すと「どうせなら遠くに行きたい!」とか思っちゃったりするから手に負えないんだよね、私。
勤め先が変わってないんだから遠くに行ったら面倒だろう!とさらに突っ込みを繰り返す羽目になる。

それだけ2Bが心の支えになっていたんだよね。
現在進行形などといいつつも、終わりモードに動揺しているのは私なのかもしれない。
[PR]
by miyuki-jun | 2018-02-08 00:49 | 私生活